ブレスト・アウェアネス

月に1回は自己検診を!

乳がんは自分で見つけることができるがんの1つです。
自分の乳房に日頃から関心をもち、意識して生活することを「ブレスト・アウェアネス」と言います。
これらを心がけることで、乳がん早期発見、早期治療につながります。 
  ①乳房をさわって(セルフチェック)  
  ②乳房の変化を知って  
  ③変化や異常があれば医療機関へ  
  ④定期的な乳がん検診の受診を!

セルフチェックの時期   閉経前の方は生理が終わったころ。 閉経後の方は毎月、日を決めて。

チェック 1

鏡の前に立ち、両腕を下げたまま次のことを調べます。       a.左右の乳房の形、大きさに変化はないか
b.乳房のどこかにくぼみやひきつれている
  ところがないか
c.乳首がへこんだり、乳首や乳輪がただれたり
  していないか

次に、両腕を上げて正面、側面、斜めから  
鏡に映してa.b.cを調べます。

チェック 2

あおむけに寝て、右の乳房を調べる時は、
右肩の下に薄い枕やタオルを入れて、
乳房が垂れず、できるだけ平らに広がる
状態にします。
左手の指をそろえて、指の腹を滑らせる
ように確認していきます。

チェック 3

内側の乳腺を見る時は、検診する方の腕を
上に上げて、内側(胸の中央部)から
乳頭方向へ指を柔らかく、滑らせながら
調べていきます。

チェック 4

外側の乳腺を見る時は、脇の方から乳頭の方に
向かって見ていきます。全体をまんべんなく
触ってみましょう。
右の乳房のチェックが終わったら、左の乳房も
同じ要領で調べていきます。円を描くように
(「の」の字を書くように)触っても構いません。
指先で乳房をつままないようにすることが
大切です。自分のやりやすいスタイルを
見つけてください。

チェック 5

左右の乳頭を軽くつまみ、乳をしぼり出す
ようにして、血のような異常な分泌がないかを
調べます。

ブレスト・アウェアネスを続けているうちに、自分の乳房の状態がわかり、異常を早く見つけることができます。
異常を感じたら、専門医の診察を受けましょう。